貯蓄保険の種類

保険には、万が一に備える保障や医療保障などさまざまなものがあります。それぞれの保険の特徴をご説明します。



個人年金保険

将来に備える貯蓄性の保障

個人年金保険は、被保険者があらかじめ定めた年齢になると、年金額を受け取ることができる保険です。
このため、老後の生活資金を準備するのに適しています。
個人年金保険には、5年・10年など一定期間受け取れる確定型年金や生存中受け取ることが出来る終身年金などの種類があります。

 

学資保険

≪子供の学資資金に備える保障≫

学資保険は、子どもの教育資金を貯めるのと万が一の際の教育資金の確保を兼ねた保障です。
一定の年齢に達すると満期保険金が受け取れるほか、子どもの進学期や満期時には学資金や満期保険金を受け取ることができます。
また、万一契約者である親が死亡した場合は、その後の保険料が免除されるものや、育英年金などを受け取れるものがあります。
貯蓄性を重視するのか、保障を重視するのか選択することが大切です。


変額保険

変額保険は、株式や債券などで資産を運用し、その運用実績に応じて受け取る保険金額や解約返戻金が変わる保険です。
死亡した場合には最低保障である基本保険金と、変動保険金を受け取ることができます。 ただし、満期時に満期保険金を受け取る時の金額は、運用実績によって変わります。
この商品は、運用リスクや運用にかかわる費用などにより、受取額が支払額を下回ることがあります。


保険商品の中には、支払保険料以上にお金が戻ってくる貯蓄性の高い商品もあります。数多くある保険会社、同じような学資保険などが販売されていますが、各社を比較することで、より貯蓄率の高い商品を選ぶことができます。
さらに、各商品特性を生かすことで、銀行預金などでお金を貯めるより、貯蓄率の高い商品もあります。保険だから、損するのが当たり前とお考えの方、ご相談時に、ワンランク上の情報をお聞きください。



学資保険の上手はこちら

学資保険の上手な選び方の解説はこちら ≫

お問合せ電話番号

お問合せフォームへ

ページTOPへ↑