保険の必要保障額

必要保障額とは、一家の大黒柱である方に万一のことが起きた場合、残されたご家族が生活していくのに必要な金額です。

必要保障額の計算式 必要保障額=必要資金の合計額-準備済み資金の合計



グラフにすると次のようになります。
(例)夫35歳会社員、妻35歳主婦、子供2人のケース



妻と子2人の今後の生活費の支出の合計額を計算すると約1億円が必要になります。




生活費の支出合計額から用意されている準備済みの資金合計(遺族年金)を引きます。すると、グラフを見ると分かりますが、必要保障額が下がります。




準備済みの資金以外でもライフスタイルの考え方を変えると必要保障額は下がります。例えば現在専業主婦の方が万一の時、パート収入で月額10万円働くとグラフのようになります。

このように必要保障額を計算していくことでムダのない保障を選ぶことができます。

ライフプランからあなたの御家族に必要な必要保障額を計算したい方は、生命保険見直し相談をお受けください。

お問合せ電話番号

お問合せフォーム

ページTOPへ↑