保険選びのポイント:医療保険の上手な選び方

医療保険の上手い活用方法

さて、先般 より 先進医療とか
ガン治療方法のひとつである免疫療法について触れてきました。


結論から言えば積極治療を選択すると治療費にお金が必要となります。

しかも高額に!


でどうするか。。

保険でどうまかなうか?

当たり前のようにガン保険・医療保険で 対応するのはセオリーですが
どうも、雰囲気的には入院費にお金がかかる以上に
治療費にお金が必要となるように感じられませんか?

貯金から払える人はそれで構いませんが、
保険を使うなら何が良いか?

この場合、ガン保険の診断一時金でも良いですが、
それでは十分ではないように思われます。

なので、医療保険の「先進医療特約」からの給付で賄う方法を使います。

まず、治療の方法で先進医療を受けます。

当然 先進医療特約付きの医療保険に入っていれば、
ここで、たとえば費用が300万かっかったとすると、300万が保険で支払われます。

これだけだと、支払い完了で何も意味がありませんので、
ここで、ちょっと工夫が必要です。

先進医療特約は、実損填補型定額払い型があり、 保険会社によって異なりますが、
いずれにしても、先進医療の費用は捻出されます。

そこで、先進医療特約付きの医療保険に「違う保険会社で」2本加入します。

日額は本当にほしい金額の半分ずつ入ります。

つまり 今現在 日額10000円の医療保険に加入していたとします。

それをA社に日額5000円、B社も日額5000円と入ります。

もちろんそれぞれに先進医療特約(100円前後)を付加します。

するとどうなるか。

上記の例で行くと300万がA社 B社の双方からでるわけです。

すると、1社分のお金が余りますよね。

それを免疫療法や他の療法の費用に使うわけです。

これはあくまでも1例ですが、
医療保険は加入の仕方を工夫すれば、リーズナブルに大きな安心を得ることができます。

参考≫≫医療保険の上手な選び方…2010.01.18ブログ

医療保険とガン保険どちらを選びますか?

両方入られる方は、問題ありませんが、
もし、お金に余裕がないとか、
なんらかの理由で どちらかを削る必用がある際、
どのように判断すれば良いでしょうか?

私なら、こういいます。


医療保険のみにしましょう!

(ガンは後ほど…)

≫≫≫続きを読む

お問合せ電話番号

お問合せフォームへ

ページTOPへ↑