保険選びのポイント:医療保険の上手な選び方

医療保険とガン保険どちらを選びますか?

両方入られる方は、問題ありませんが、
もし、お金に余裕がないとか、
なんらかの理由で どちらかを削る必用がある際、
どのように判断すれば良いでしょうか?

私なら、こういいます。


医療保険のみにしましょう!

(ガンは後ほど…)

その心は…

まず、ガンは、もし仮に病気になったとしても
入れる可能性が十分あります。


ようは、ガンにならなければ、あとからでも加入できるわけです。


もし仮にガンになったとしても、医療保険に加入していれば
入院給付金とか 手術給付金はでますのでご安心ください。


この質問はよくされます。


逆にガン保険に入っていても、
たとえば高血圧疾患か何かで入院しても 
なんの給付対象にはなりません


しかし、
医療保険は 血圧が高いとか、
何か病気をしたとか些細なことでも、
審査に通らなかったり、
あるいは部位不担保 といって、
保険会社からみて、
この人は、たとえば心臓系がやばそう?と判断すると、
その部分に関して発病しそうなものを保障からはずして、
それ以外の部分だけOKといった感じに保険を掛けるようにします。


ですから、医療保険については小額でもいいので、
なるべく元気なうちに加入するほうがいいですね!

迷ったら 医療から !いかがでしょうか



私の 考えですが。

追申:ガン保険を否定しているわけではございません。
お間違えなきように。

3人に一人はガンになる時代、是非 ガン保険は
是非押えておきたいものです。



参考≫≫医療保険とガン保険どちらを選びますか?…2010.02.23ブログ

お問合せ電話番号

お問合せフォームへ

ページTOPへ↑