医療保険などの種類

医療保険は、主に病気やケガで入院・通院・手術した時に、入院給付金や手術給付金などが受取れる保険です。
昨今は平均寿命が延び長生きのリスクに備えた消費者ニーズに合わせ、保険会社が取り扱う商品も、種類が豊富になってきています。
それぞれの保険の特徴をご説明します。


医療保険

≪病気やケガに備える保険≫

医療保険とは予期せぬ病気やケガに備える。医療保険とは、病気やケガで所定の日数以上入院したり、手術を受けた場合に給付金が支払われる保険です。
入院給付金については、契約時にあらかじめ決めておいた1日あたりの金額の給付金が、入院した日数に応じて支払われます。
また、手術を受けた場合には、その種類に応じて給付金が支払われます。
保険期間は、更新のある有期型と一生涯保障する終身型があります。



がん保険

≪がんに備える保険≫

費用がかさむがん治療を手厚く保障。
がん保険は、がん治療のために入院した場合、給付金を受け取ることができる保険です。
給付対象は入院、手術、がん診断給付金、死亡保険金などですが、療養給付金、生存給付金、
高度先進医療給付金など様々な給付金を設けているものがあります。
通常の医療保険にもがんの入院保障はありますが、がん保険は保障の対象をがんに特化することで、
割安な保険料でがん治療に対する手厚い保障を受けることができます。



特定疾病保障保険

≪三大疾病に備える保険≫

特定疾病保障保険は、がん、急性心筋梗塞、脳卒中により所定の状態になったとき、
生前に死亡保険金と同額の特定疾病保険金が受け取れます。
特定疾病保険金を受け取った時点で、契約は消滅します。特定疾病保険金を受け取ることなく死亡した場合には、死亡保険金が受け取れます。満期保険金はありません。



介護保険

≪介護に備える保険≫

被保険者が、寝たきりや認知症など要介護状態になり、その状態が一定期間継続した場合に
一時金や年金などが受け取れる保険です。寝たきり、認知症の両方を支払対象とするタイプのほか、
いずれかを支払対象とするタイプがあります。また、被保険者が死亡した場合には、
死亡保険金を受け取ることができます。保険会社により、介護状態の基準が違いますので確認が必要です。



保険には、さまざまな種類があり、いろいろな保険会社から、自分にあった保険を探し出すのは、大変なことです。個人には、分かりずらい保険の仕組みや、保険の比較方法など、お気軽にお聞きください。



医療保険の上手な選び方の解説はこちら ≫

お問合せ電話番号

お問合せフォームへ

ページTOPへ↑